20160803_134509.jpg

20160803_142213.jpg

20160803_143012.jpg

20160803_143314.jpg





・蚊に刺されなくなったらストレスが溜まっている証拠

 蚊は人間が輩出する炭酸ガスや温度、乳酸に反応してさす。
 そのため、代謝が高く活発な人は蚊に刺されやすい。

 人間がストレスを感じると出る物質は蚊が嫌いなため、刺されなくなる。
人間の防衛本能によるものとも言われています。



・蚊は産卵直前しか人間を刺さない

 蚊が生きていくには、草の露だけでも十分。
 しかし子供を産むときだけは栄養が必要で、人間を刺す。

 蚊は人間の血を吸わないと子供を産めない。



・蚊に刺されやすい色は黒色

 蜂や蚊は黒い炉に反応して集まる傾向がある。



・酒飲みは蚊に刺されやすい

 お酒を飲むと呼吸が早くなり、二酸化炭素の量が増え蚊が寄ってきやすい。




関連記事
スポンサーサイト

へー !

ショック

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)