ajisai3

ajisai4

ajisai6


よくみると、
その色とかたちは大変多い。

4枚の花弁がたくさん集まりひとつの大きな形を作っている物、
細かな花弁が真ん中に集まって、周りに大きな花弁4枚、
あるいは重ねの花弁を伴っているもの。

色も実に多彩である。
白、ピンク、赤紫、紫、青紫、青、.......

雨がよく似合う。
雨の日は、生き生きとして、晴れの日は、ちょっと元気がなく、
水分を多く必要とするのだね。

水分の蒸散の多い植物なのかな。
しかし、この梅雨の時期にとってもよく似合う。

雨が似合う花だね。
雨が降って、カタツムリやカエルが飛びつけばコレゾ梅雨 !


関連記事
スポンサーサイト

旬の旨味

おっぱい ワールドカップ?

comment iconコメント ( 2 )

雨に似合う紫陽花すてきですね
近くに紫陽花公園がありますが多くの人が楽しんでいます

難しいことは解りませんが土壌の違いで色が変化するんでしょう





名前: 源氏蛍 [Edit] 2014-06-18 10:35

源氏蛍さま

「花の色は、アントシアニンのほか、その発色に影響する補助色素(助色素)や、土壌のpH(酸性度)、アルミニウムイオン量、さらには開花からの日数によって様々に変化する。そのため、「七変化」とも呼ばれる。一般に「土壌が酸性ならば青、アルカリ性ならば赤」と言われているが、土壌のpH(酸性度)は花色を決定する要因の一つに過ぎない。花弁(正確には装飾花)に含まれる補助色素によっては青になり得ない・なり難いものがあるほか、pHは地中のアルミニウムがイオン化する量を左右する要因に過ぎないため、仮に酸性土壌であっても地中のアルミニウムの量が少なければ花が青色になることはない。また、初めは青かった花も、咲き終わりに近づくにつれて赤みがかかっていく。」・・・・だそうです。

名前: 「有ストテレス」 [Edit] 2014-06-18 21:31

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)