20150617_125901.jpg




TVで、地震学者が南海トラフの地震と富士山の噴火が

1707年に連続して起きたことがある。

地震や噴火の予知ができれば、早めの避難で多くの人が救われます。

これからの研究の成果に期待したい。

地震学者などの人材の育成や地震計など設置のための 

研究費を予算化することも大切なことです。

日本では地震って毎日どこかで起きていますよね。

地下のマグマのストレスは構造線が深く関わっていて、

日本はもともと中国の大陸から切り離されたので、

南海トラフや、焼津ー糸魚川構造線の地震が多発すると思っている。

でもあまり怖がらないで、なるがままに生活して行くことの方が大切だと思う。





関連記事
スポンサーサイト

体力

早朝ウォーク

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)