20160601_150759.jpg





記事コピー 
 
★舛添知事、地元の親族も「とにかく昔からケチ」…遠距離介護は「顔を見て帰る程度」

 TBS系情報番組「白熱ライブ ビビット」(月~金曜・前8時)が26日、舛添要一東京都知事(67)の政治資金流用疑惑に関し、舛添知事の地元である北九州市を取材。親族の女性のコメントを紹介した。

 舛添知事は2014年に「母と子は必ず、わかり合える 遠距離介護5年間の真実」を出版。

 「政治家としての原点は、5年間にわたり母親を遠距離介護したことだ」と、北九州市に住む母を遠距離介護した体験を著書で語っている。

 その遠距離介護について、取材を受けた親族は「1か月に1回来るか来ないか。それも母親の顔を見て帰る程度でした」と話し、見舞いに訪れてはいたが、「介護」ではなかったと証言した。

 また、舛添知事の人柄については「(自分が)小学生くらいから知っていますが、お礼などを渡しているのを見たことはない。とにかく昔からケチでした」と厳しかった。

 提供:スポーツ報知





関連記事
スポンサーサイト

つまみ枝豆

ふれあい

comment iconコメント ( 2 )

それでいいと思いますよ

お母さんは施設にいたんですよね、顔を見て帰る、それで十分だと思いますけどね。 近くにいてさえ来ない人が大半です。 来ても介護などしませんよ、食事の時間であれば食事の世話くらいでしょうか。 重箱の隅までほじくって色々言われていますね、私、そういうのは好きではありません。 知事を続けてしっかりやったらいいと思いますけどね。 

名前: asagao007 [Edit] 2016-06-08 23:28

Re: それでいいと思いますよ

それにしてもセコ過ぎます。
僻みではないが、こんな奴と同種の人類と思われたくないです。
世界の東京ですよ。

名前: 有ストテレス [Edit] 2016-06-09 07:27

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)