最近風がバイオベンチャーに吹いている事は感じていたが
昨日は、嬉しい突風が吹いた。

趣味で株トレードをやっているが、こんなにバイオベンチャー・セクターが
盛り上がったのは初めて。

所有株全部が上昇揃い踏みの快感の一日であった。


4565 そーせいG       +3,800
4/18にHeptares 社とKymab 社が戦略的共同研究の提携契約を発表
バイオベンチャーブームに火を点けたのは、この銘柄である。

4565 16 04 19



4594 グリーンペプタイド  +249
上市されれば、がんペプチドワクチンとして「世界初」
「アリ様」検査中の前立腺癌・副作用が少ないのが特徴

4594 16 04 19



6176 ブランジスタ      +700  S高
『(電子雑誌+越境EC)×神の手秋元康氏プロデュースゲーム』
7月までにゲーム発売予定であり上昇余地が大きい。

6176 16 04 19



騰がり過ぎの感も有り、何れ調整も有るだろうが、停滞する日本経済を
元気にするのはバイオベンチャー。

そして、病気で苦しんでいる人の役に立って財テクになる投資です。





6176 ブランジスタ
木を見て森を見ずにならない姿勢が大切です。。。
何よりも「4月~7月は絶好の仕込み時」という全体像

明日や2~3日という近視眼的なスパンで売買しても ある程度は大きく報われるかもしれません
ですが秋頃から来年以降にかけて中長期的スパンで考えれば 業績&株価に大変貌をもたらす
豊富な材料が尽きずに待ち構えているという先見を持って売買してみてはいかがでしょうか…
その場合は ‶利益に二乗が付く”と言っても過言ではない位 大きなリターンが返ってくるという高い勝算が見込めるはずです…
ここの有識あるホルダーだけでなく 当然ながら大口や機関側も この企業の持つ潜在的成長性を高い確実性をもって見込んでおり 今後訪れる各材料の業績への影響度も重々と認識した上で
明確な勝算と目標株価に基づき 現在大量の買いを入れているというのが現状です…

ここは決して仕手やマネーゲームとして株価が形成される銘柄ではありません
ブランジスタという企業が『(電子雑誌+越境EC)×神の手』という壮大な経営戦略をもとに
精錬された一流企業に成長していく過程によって株価形成が為される正道を行く銘柄です

PreIR・正式IR・事前登録開始IR・CM発表・配信開始・DL数IR・株式分割・配当・上方修正・第2弾発表・指定替え・M&A・世界進出…
各ステップごとに株価も呼応してステージの高さを上げていくことでしょう…
どれを節目にして売買してもそれは各人の自由ですが
一番大切なことは『まだ何一つも始まっていない』ということです。。。
関連記事
スポンサーサイト

嫌われる勇気

地震大国

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)