20160328_103038.jpg

20160328_102912.jpg

20160328_102902.jpg



3月28日は、株式の「権利確定日」で、お化粧買いも有って株価上昇。
日経平均 17,134.37 ▲131.62    Topics 1,381.85 ▲15.80


「アリ様」推奨の3銘柄も大幅上昇で、久し振りのウハウハの快挙でした。


① 4565 SOSEI         17,640   +1,770     ↑11.15 %

  売買代金546億円でトヨタ自動車を抜いて堂々の2位でした。(1位はETFで実質トップ)
  暫く調整を続けていたが、東証一部へ市場換えのニュースが有った為に急騰。
  ブッ飛び爆上げの認知症・アルツの材料が豊富なので、あと数年は応援予定の本命
  
4565 16 03 28




② 4594 グリーンペプタイ     654     +75     ↑12.95 %
  伸び盛りの若手銘柄。何れは、Sosei並みの大化けの可能性を
  秘めており総額も小さい事よりセッセと貯め込んいるが、大口が参入か?
  「アリ様」が患っている前立腺がんの治療薬は国内臨床3相後期なので応援

4594 16 03 28




③ 4587 ペプチドリーム      6,690    +710     ↑11.87 %
  旭化成の子会社の旭化成ファーマと創薬研究開発契約を締結したと発表。
  ペプチドリームが保有する技術で特殊環状ペプチドを創製するニュース
  昨日は、売買代金でトヨタに僅差で負けたが、過熱気味かな?


4587 16 03 28


< 一部昇格・株式分割については、↓追記を参照 >
  



sosei.jpg



一部に昇格して、さらに分割して行くよ。

ヤフーやセブンイレブンの株を上場時から保有してきた株主は億万長者
http://allabout.co.jp/gm/gc/14228/

ヤフーは1997年11月に上場し、当時の安値は154万円です。現在(2015/3/12)の株価は3000分の1以下の467円となっていますが、上場以来1株→2株の株式分割を合計13回、1株→100株の株式分割を1回行っています。その結果、上場当時に1株購入し現在まで保有を続けた方は、819,200株を保有していることになります。

金額ベースで計算すると約150万円で購入したヤフーの1株が819,200株になり、その資産総額も467円×819,200株で3.8億円ということになります。

同じくセブン&アイ・ホールディングス(上場時はセブンイレブン・ジャパン)を長期保有していた株主はどうでしょう?セブン&アイ・ホールディングスも成長の途上では株式分割を繰り返し行いました。1979年当時から1000株を保有しているだけでも、1990年以降だけでも7回に亘って分割を行なった結果、今は38倍の38000株になっています。

当時1800円の株価は、現在(2015/3/12)4,809.5円と2.6倍になりました。その結果、当初の1000株180万円は現在1億8,000万円以上となりました。このような株が今後も出てくるのでしょうか?なぜこれほど株主は儲かったのでしょうか?

実体を伴った株価の上昇はバブルではない

このような株の上昇はバブルとは言いません。なぜなら株価が上昇している間、両社とも売上、利益ともに何十倍、何百倍にもなっていますので、企業の実態に即した株価形成になっているからです。企業の成長の結果、保有割合に応じた株主持分もそれに見合って成長、増加しているのです。つまり株価の上昇は企業の成長という実体を伴った上昇であり、実態を無視して上昇する仕手株や材料株のようなバブルとは株価上昇の背景がまったく異なるのです。

また、この間両社は配当金も出しておりますので、それを合わせると株主は大変な金額を受けとっていることになるのです。株をやっているまさに醍醐味でしょう。なぜこんなことが可能なのでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト

春のバイオ祭りだ ワッショイ !

白鵬 VS 日馬富士

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)