CIMG0752.jpg




「実際に 起きた話の ドラマ化だ」

眼が悪く本の読めない「アリ様」は、秋の夜長は海外ドラマを観た。
昨夜は久しぶりに日本ドラマシリーズの第一話をテレビで堪能した。

「しんがり 山一證券最後の聖戦」というタイトルで筋書は充分想像できる。
事実に基づいた企業ドラマほど引き込まれる作品はない。

自分の実経験と重ねられるからだ。
原作は元読売巨人軍取締役球団代表だった清武英利が著した
『しんがり 山一證券 最後の12人』。

1997年11月、四大証券の一つ山一證券が自主廃業に追い込まれ、
世間を驚かせた。

このドラマは、役員までもが逃げ出す中、最後まで会社に踏みとどまり、
真相究明と顧客への清算業務を続けた社員たちの熱い物語だ。

主演はこの役にぴったりの江口洋介。
そして、監督は『沈まぬ太陽』で日航機の墜落事故を映画化した若松節朗。

色恋沙汰は描かれなくても興奮するはずだ。
自分を主人公に置き換えて観られるドラマは、つい引き込まれて見てしまう。

だから、面白いのである。








先日は、能勢路の秋の景色を楽しんできました。
頭を垂れる稲の刈り取りの最中だが、柿や栗もまだこれからが収穫期。

山に囲まれた里の景色を見ているとノンビリ・ハンナリで
銀色に輝くススキを見ていると気持ちが癒される事間違いなし。

気の向くままに訪れて下さい。
里の秋を楽しんでください。




関連ランキング:カフェ | 能勢町その他




関連記事
スポンサーサイト

キンモクセイ

野次馬

comment iconコメント ( 2 )

昼は能勢路で里の秋 
夜は「しんがり山一證券最後の聖戦」!!
「社員は悪くありません 悪いのは私です」
バブルが弾けて多くの銀行が倒産したんですね
あれから20年か~
良い思い出も悪い思い出もふっくるめてイヤです

さすが現役の商人は観るテレビ番組が違いますな~
某は「認知症と戦う夫婦」を観てました

今年最大の「スーパームーン」きれいでした!!


名前: 源氏蛍 [Edit] 2015-09-29 09:25

源氏蛍 さま

時間帯によっては雲が多かったが「スーパームーン」きれいでしたネ!!
家の中では、「アリ様」の腹がスーパームーンです。
人間ドックで、栄えあるメタボに認定して頂きました。

名前: - [Edit] 2015-09-29 09:55

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)