ハス
ハス posted by (C)mugen





転載です。

>今週の世界株式連鎖は既に地球を二周しても下げ止まらず、一昨晩の欧米株は更に下げ幅を広げ週末を迎えた。NYダウは節目の17,000ドルを大きく下回り500ドルを超す記録的な暴落となった。これまで比較的値持ちの良かった日本株、外国からの大量の売り浴びせにひとたまりもなく崩れ、二万円を大きく割ることとなった。

一昨晩のCMEでは19,000円を下回っており、週明けの東京市場は500円近く下げてスタートするものと見られる。今週一週間で1,083円下げ、来週も大幅下落で底が抜けた状態、一体何処まで下げ続けるのか不安感一杯の週末となった。

発信源は中国の経済不振、上海株の暴落阻止に向けた政府のなりふり構わぬ株価維持(PKO)政策も既に限界に達し、下げ幅が拡大しつつあることや元の切り下げ効果も疑問視され、大規模な天津での爆発事故の収束も全く見えないことも重なり、GDP世界No.2の成長エンジンに陰りが見えたことで世界経済が停滞するとの懸念が世界的な株安を誘発している。

日本株は先月にも一時大幅下落に見舞われ、19,100円程度まで売られる場面があったが数日で切り返し直ぐに高値追いの水準まで戻った。今回も同じような状況になるのではと想像させたがそうはならなかった。今回の下げは根が深い、連鎖が止まるとすれば欧米株がカギとなりそうだ。

来週は大幅下落のあと多少の戻りはあるかも知れないが本格上昇は見込めない。独株は下げ始めて4か月、NYダウは下げ始めて3か月、過去ではこの辺りで下げ止まりを見せているだけに連鎖が止まるか注目される。

勿論下げ続ける相場は無い、いつかは底を打ち売られ過ぎの銘柄から買われることとなる。24日の週、前半は信用取引の追証に応じられない投資家の処分売りなども相次ぐことが予想され思わぬ下落に見舞われる可能性もあるがそこが一旦は底、ある程度のリバウンドも期待できそうだ。

中国問題の解決には時間がかかりそうで本格的な株価上昇は難しそうだ。不動産バブルの崩壊、株価の崩壊はバランスシートの問題でもある。過去日本でも経験し解決に時間がかかった苦い思いがある。ただ中国は何でもありの国、政府が強制的に解体すれば意外に早く持ち直すかも知れない。しばらくは辛抱の日が続きそうだ。<


雲2
雲2 posted by (C)mugen



お盆も過ぎ猛暑は一段落している。
秋雨前線や台風が気になってくる季節だ。

公園のハンテンボクにも紅葉らしき葉っぱも見られ、

池のガマの穂も風に揺れている。
錦萩も可愛らしい花が付いている、そろそろ秋めいた風情が感じられる今日この頃だ。



HANABI
HANABI posted by (C)みやび
関連記事
スポンサーサイト

小さい秋

関西TV 「ほんでなんぼ」

comment iconコメント ( 2 )

チャイナ震源地で世界同時株安どないなりますのや?

日本はどないなりますのや?
週明けの東京市場も下げ基調ですね

下流老人は老後破産じゃ

遺影の準備どころじゃありませんな~
困ったことです ハイ





名前: 源氏蛍 [Edit] 2015-08-23 10:01

源氏蛍 さま

今回の下げ要因はチャイナと米国の利上げ観測でしよう。
此れでは米国の9月の利上げも先送りに成ります。
日経も一端、19,000円前半まで押すでしょう。
この時点で金融緩和・財政出動・GPIFの購入で再度上昇し20,000円。
何せ消費税10%に上げる為の条件でしょう。
何が何でも10%にしないと年金に影響が・・・・。

名前: 有ストテレス [Edit] 2015-08-23 18:23

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)