20150617_123044.jpg

20150617_124107.jpg




新聞を見て桁が間違っているんじゃないかと一瞬思ったくらいだ。

昨年9月同社入りしたニケシュ・アローラ47歳。
ソフトバンクが、昨年9月に入社した元米グーグル最高事業責任者の
ニケシュ・アローラ氏(47)に対し今年3月末までの報酬として
165億5600万円を支払った。

入社から今年の3月までとして契約一時金を含め約165億円の
巨額報酬を支払ったという。

この165億円の連想でヤンキースと契約した田中将大の
7年約161億円を思い出した。

世の中には165億円でも安いと思われる能力の持ち主がいるものだ。
投資したほうの立場から言えば、投資額165億円の回収を計算しているはずだ。

通信事業と野球を比較するのは無理があるかもしれないが野球の場合は、
直接かかわる入場料のほかに放映権料とかテレビのコマーシャル料などに
反映され廻り廻って消費者に負担させるという間接的なものだが、
ソフトバンクの場合は、直截的で一人ひとりの通信費の高額な負担を
強いられ身近な問題となる。

スマホ月額約7000円という。そのことを思えば釈然としないものがある。
無視されたとの思いは拭えない。

ニケシュ・アローラが新しい搾取の道筋を実行に移すのか、あるいは
顧客への還元策を立案するのだろうか。注目したい。



関連記事
スポンサーサイト

総会シーズン

てーへんダー !

comment iconコメント ( 2 )

半年間の報酬が日本円で165億円!!
これってやっぱり能力給ですかな 

次世になって生まれ変わっても165億円は無理だ
待てよ わからんぞ  

さあ静かにおとなしく質素に暮らしていきます ハイ

名前: 源氏蛍 [Edit] 2015-06-25 09:58

源氏蛍 さま

余りにも、かけ離れてネタミ心も湧いてきません。
ソフトバンクに入社してそれ以上の利益をもたらすのでしょう。

まぁ、そういう人もいてリーマンの目標に成れば良いのでは・・・。
「アリ様」は、今生では165万円も無理です。

名前: 有ストテレス [Edit] 2015-06-25 10:37

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)