安倍首相は何を考えているのだろう。
何故、こんなに急いで戦争法案を通す意味があるのか?

戦争は前線で戦う部隊と後方支援する部隊、
そして外交、経済を含めた国力で戦う。

いま後方支援を日本兵は請負、いつでも逃げられるなどとだまし、
戦争法案と通そうと必死である。

実際は逃げるなどということは許されるものではなく、
日本兵を実践に駆り出し実践訓練をさせる。

海外で武器を持って戦う自衛隊は自衛隊では無く兵です。
派遣は戦わない自衛隊を海外に出すことを指し、兵を出すことは派兵という。

今まで派遣と呼んで安全であるかの如く、巧みな言葉の
使い分けで国民をだまして居る様に思えて仕方ない。

国民に死んでもらう法案を通すためですから巧みにやらねばなりません。

目的は国家権力を守るために国民は戦い、犠牲に慣れさせる。
国家という名のカモフラージをして、そのために国民は死ぬことが
当たり前であり名誉であると正当化することにある。

少しずつ、戦前の日本に戻りつつある様に思える。




関連記事
スポンサーサイト

ミスショットの後

新ジャンル

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)