CIMG6579.jpg

箱根空木

CIMG6580.jpg



「唇は人間にしか ありません」

冬から春にかけて唇が荒れる人が多い。
空気が乾燥するせいだろう。私も例外ではない。

先月、下唇の真ん中が少しだけ裂けてしまった。「イ」の発音をすると
唇が左右にひっぱられて裂け目が広がり、薄く血がにじむ。

吸血鬼みたいな顔になる。
唇の乾燥予防策を怠ったためだが、O製薬のO軟膏を1週間塗ったら完治した。

ところで小学生みたいな質問だが、このやっかいな唇は何のためにあるか?

人生経験がほとんどない小学生は知識として演繹できるが、シニア世代は
豊富な体験から帰納できる。

50数年、唇を何に使ったか考えてみた。
生まれてすぐ母親の乳首を吸うときに使った。

それから哺乳瓶のミルクを飲む時、もう少し大きくなるとストローで
飲む時に使った。

世界各地で、閉じていた唇を開いて発声する音「ママ」が「母親」を
意味することは興味深い。

成長とともに唇の開き方を変えていけるようになり発声音が増えていく。
私も小さいときは母親のことを「マー」と呼んでいたそうだ。

そして男女の愛を表現するときにも唇は大切な役割を果たす。
そのためにも唇をよく手入れしておかなければならない。



関連記事
スポンサーサイト

スマートシャツ

寝るときの明かりは・・・・

comment iconコメント ( 2 )

コメントが投稿できません

「パスワード設定がされてないため修正できません」
このメッセージがでます

名前: 源氏蛍 [Edit] 2015-05-21 09:49

源氏蛍 さま

コメント出来てるよ。

名前: 「有ストテレス」 [Edit] 2015-05-21 22:58

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)