チユーリップ


rose


sky



世を挙げての健康ブームはすっかり定着をし、TV等で身体に良い
食品などの紹介があると、スーパーの食品棚からモノがなくなる。

また、ジョギングブームも衰える事がなく、東京マラソン等は
走るのに一苦労するほどの人気ぶりだ。

ランニング熱は、スマホ中毒と同じような依存症と似た症状を
呈するのであろうか?

さて、これはこれは異なことをと思ったのは、某新聞の読者投稿に
「市民イベントには託老所も必要」と65歳男性医師からの提言があった。

「託児所」ではなく「託老所」とは。

【マラソン大会の救護活動をしていて、想定外の経験をした。救護所に
最初に来たのは高齢の女性だった。

夫が「大会に参加するので救護所で預かって欲しい」と残していったという。
認知症だった。

どうしようか考えたが、とりあえず救護所にいてもらうことにした。

救護班が忙しくなるのは、フルマラソンの部がスタートしてから2時間くらい
経ったころである。

脱水や低体温症を起こした参加者が出始める。
お昼ごろ、救護所への連絡が増え出すと、そのおばあさんの相手をする
スタッフの余裕がなくなってきた。

けれども、救護所を手伝うボランティアが相手をしてくれたので助かった。

夫はフルマラソンを4時間ほどで走り抜いた後、救護所にやって来た。
「ありがとう」と礼を言い、何事もなかったかのように妻を連れ帰った。

高齢社会では、夫婦のどちらかが元気でどちらかが認知症というケースも増える。

市民参加型のイベントを計画する時には、託児所だけでなく託老所が必要になる
のではないか。老老介護をしている元気な高齢者のためにもなると思う】。

.いかにマラソンブーム、ジョギングブームと言えど自分の楽しみの為に認知症の
妻を連れ出すか?といった素朴な疑問がある。

それほどジョギングが大事なことなのか?

アルコール中毒の初期症状は、お酒を飲まないと一日が終らない
という感覚になるらしい。




関連記事
スポンサーサイト

好きな人=恋愛

あっちっちっちー

comment iconコメント ( 4 )

市民マラソンブームで異変?
「託老所を設置」これって初めて知りました
高齢化社会の市民マラソンも大変ですな~
えらい時代になりましたね~

ジョギングの曲?こんなのあるんですね ビックリ
どの世界にも仕掛け人がいるんですね
この歳では走るのは無理でございます

ウオーキングの曲はありますか?

究極は金儲けの曲でしょうな
極秘のうちに耳にしてくださいよ






名前: 源氏蛍 [Edit] 2015-04-29 09:20

ちょっとね・・・・

毎日走ってる人って、走らないではいられないそうです、ウオーキングもそうでしょうか? 少し異常ですね。 私は、カーブスに通っていますが負担にならない様に気を付けています。 行きたくない時でも行かなきゃと思うとそれが負担になり続かない、継続こそが大事と思っています。

名前: asagao007 [Edit] 2015-04-30 06:00

源氏蛍 さま

そうですね。高齢者は過激な運動は避けましょう。
市民マラソンは大ブームで出場するのは大変ですね。
「アリ様」は、マラソンは無理です。
何せ、胸とか尻の脂肪が揺れて走れません。

名前: 有ストテレス [Edit] 2015-04-30 07:18

asagao007さま

力を抜いて、気軽に長く続けることが、一番大切だと思います。
「アリ様」は、ウオーキング後の100円マックコーヒーを楽しみに歩いています。
ウオーキングかカーブス位の負担の運動が適度だと思いますよ。
長く続けてください。

名前: 有ストテレス [Edit] 2015-04-30 07:25

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)