sky


shibasakura




「年金は すべて病院に 直行し」
先日、親しい近所の婆と話す機会が有った。

昨年までは夫の年金で夫の入院費が賄えた。
しかし今年に入ってから足が出るようになった。

その原因は年金額が減った事と「オムツ代」が増えたことだ。
単価は上がっていないので、枚数が増えたのだろう。

「オムツ代」を調べると、病院は紙オムツの原価だけではなく,
産業廃棄物としての処理費を含んでいるようだ。

その部分は保険外負担なのだそうだ。
夫を引き取り自分でオムツを替えるわけにもいかないので、
お金で解決できることを良しと考えているようだ。

夫の年金の一部がオムツ代に消えている。
これからもその割合が増え、家計に重くのしかかってくるのだろう。

怖い話だが、現実なのだ・・・・・。






関連記事
スポンサーサイト

あっちっちっちー

無量体

comment iconコメント ( 2 )

「もらった年金は全額病院への支払い」
怖いお話です

これとよく似た話を聞きました
認認介護の恐ろしさです
今日は人の身明日は我が身かも・・・

家族の生活はどうすればいいのでしょうか
ヤッパリ金がないと生きていくことができない

最後はパソコン辞めてオムツ代を払います

名前: 源氏蛍 [Edit] 2015-04-27 09:11

源氏蛍 さま

認認介護とは、介護をする人もされる人も認知症の事でしょうか?
そんな事が出来るのでしょうか?
日本の高齢化社会は其処まで来ているのですね。
ますます酷くなるのでしょうね。

名前: 有ストテレス [Edit] 2015-04-27 21:07

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)