20130329_160155.jpg





雨降りの桜も中々おつな物です。
何かしらしっとりとして艶が有る様に感じました。

桜に或る素敵な女性の思い出をダブらしたせいでしょうか。
20代の頃、平安神宮から南禅寺に行く道その沿道に桜が
植えてあり夜は雪洞が灯されて中々粋な物でした。

今はどの様になっているか解りませんが、或る日
思いもよらぬ女性から(夜桜を見に行かない。)と誘われました。

勿論たった二人でですよ。
結構な美人で背丈も大きくスラッとした人でした。

未だに何故俺に言ってきたのか疑問です。
素敵な女性だとは思っていたのは確かですが。

まあ、誘われて断る理由もないし、嬉しさも有るし夜桜に出かけました。
色んな話をしながら坂道を歩いて行くと突然
(「アリ様」って好きな人居るのですか)と聞かれました。

(好きな人が有ったけれども振られたよ。)と答えると(ああ、良かった。)
と言うではありませんか。

内心(俺に気があるのかな。俺に惚れていたのかな。)などと思っていたら
(お話がありますのでお誘いしました。)ますます交際でもしてくれとでも
言うのかな。などと内心はウキウキ気分です。

(それで話しってなに?)
(実は聞いて欲しい事があります。

それは今、貴方の友人と密かに結婚を前提とした交際をして居ます。)
(なんじゃ。人を喜ばしておいて。)と内心がっくり。

結局は結婚には少し不安があるので友人のことをもっと知りたかっただけの事でした。
「アリ様」ガックシ

結果は結婚をして20年位幸せに暮らしていたようですが、
後日聞いた話では、彼女は癌に罹り亡くなりました。

雨の桜を見るとどう言う訳か思い出します若い頃の一コマです。
彼にはもっと私より親密な友人が居たのに何故私にと。。。。。。






関連記事
スポンサーサイト

熟女との恋愛

花より

comment iconコメント ( 2 )

アリ様の夜桜物語の第1章ですね
機会があれば第2章お願いいたします

女性に優しいアリ様でもの凄く良かった
いつまでも綺麗な想い出として心に宿しておいてください


名前: 源氏蛍 [Edit] 2015-04-08 09:43

源氏蛍 さま

何時まで経ってもこの時の事が頭から離れません。
真実を知る由も有りません。
真実を知らない方が良いのかもしれません。
こんな事って有りませんか?

名前: 有ストテレス [Edit] 2015-04-08 10:28

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)