20140827_134454.jpg



小正月とは元日を中心とした「正月(大正月)」に対し、
1月15日を「小正月(こしょうがつ)」と言います。

「月」を暦の基準にしていた大昔の日本では、
「満月から次の満月まで」が一カ月でした。

昔の人は満月をめでたいものの象徴としていたようで、
一年で初めての満月の日を「正月」にしていました。

これが「小正月」の起源ですが旧暦で考えないと
つじつまが合いません。

2月19日が旧正月なので小正月は3月5日となります。

これなら6日が満月となるのでこの日にどんど焼き
などを門松・竹・注連縄(しめなわ)を焚いて豊作を祈った

子供の頃、書初めの習字のをどんど焼きで焚いて
高く上がれば、上達するとして喜んだが、今なら
消防署より厳重注意か?

昭和は、ズット昔。
昭和は、15日が成人の日だった様な気がする。



関連記事
スポンサーサイト

「幸福度」と「所得」

「中の下」の人生

comment iconコメント ( 4 )


小正月、どんど焼き 懐かしい言葉です

いつの日のことか覚えていません
あの当時から記憶力が悪かったんでしょうか

遠き昭和のまぶしい時代もありました

名前: 源氏蛍 [Edit] 2015-01-15 10:27

昭和は良かったですね。
現在の様な緻密さが無かったため、伸び伸び生きてきました。
デジタル・コンピューター等で便利になった反面、
情緒のない生活になりました。
あんな大らかな生活に戻りたいです。

名前: 有ストテレス [Edit] 2015-01-15 14:38

あ~思い出した

何か忘れたと思っていました。  昨日まではどんど焼きに行くつもりでいました、車に載せておいてカーブスの帰り行こう。  なのに買い物をしていてもなんだったかな~と・・・・買い物をする品物だと思っていました。  こちらへきて、あっ!でしたね。 重症ですかね~嫌になります(^_^;)

名前: asagao007 [Edit] 2015-01-15 16:15

asagao007さま

年相応ですね。
「アリ様」も二階に物を取りに上がって、何を取りに来たのか忘れて、何も持たずに戻る事が有ります。
ネットでホームページ見ていて、ついエロい写真に釣られて次から次にHPを渡り歩き元のHPに帰れない事もショッチュウです。

名前: 有ストテレス [Edit] 2015-01-15 18:05

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)