20141119_123020.jpg

先日は11時半に京都駅で、今年6月妻を亡くしたKさんの為に、
ゴルフ仲間3人が集まって、慰めと励ましの食事会をしてきました。

Kさんは、大分落ち着いたらしく、一時の寂しい表情はありません、
我々の前ではいつまでも寂しいなどいってはならないと思っている。

やっといつもの爽やかなスポーツマンに戻っていました。
集まったゴルフ仲間は、みな私よりも先輩で、私は若輩です。

Kさんの好きなレストランですから、思う存分に好きなものを
好きなだけ食べて頂こうということです。

まづ、ビールで乾杯です。
乾杯の音頭は、Tさんの御発声で乾杯!。

日本海の牡蠣づくしの生牡蠣、焼き牡蠣、牡蠣フライなどの
御馳走を頂きました、美味しかったです。

その後、Kさんから奥様の葬式以後の始末の話がありました。
一番面倒だったのは、金銭的に預金や証券の名義変更が
大変時間がかかったこと、娘さん達3人に平等に遺品分けを
したこと、納骨式まで完了した今、やっと落ち着いてきたという。

仲のいいご夫婦でしたから、一人の時はさぞかし寂しい思いは
されているでしょう。

娘さんが3人ですから、いろいろと心配はしてくれるようです。
愛する妻を亡くされた話を聞けば聞くほどに切ない話です。

Kさんの奥様は、子供達も良く育て、自分自身も前向きに人生を
楽しみ、ご夫婦仲も羨むほどに立派に生きました。

人の運命には、前世からの縁、この世での因縁など様々な
因果律が存在しています。Kさんは幸せな人です。

それは素晴らしい奥様と50年を共にし、最後まで自宅で献身的に
看護して見送りました。もう何の悔いもないとまでいってました。

Kさんは今、自分自身を見つめながら、これからの残された人生を歩み始めた。
未亡人は、良いが男寡婦は心配します。

関連記事
スポンサーサイト

語呂合わせ

熟年者も婚活しよう

comment iconコメント ( 2 )

すばらしい暖かいおはなしです
Kさんは良いお友達があって幸せですよ

長い人生いろいろありました 
喜びも悲しみも幾歳月・・おもえば長い歳月

そして自分にもしものとき::ということがあるかも知れません
いや必ずあるんです

「エンディングノート」ご存知ですね
最近親しい友人から勧められました

そんな歳なんです
「遺影」の準備からと思いつつ今だ何もできてません

名前: 源氏蛍 [Edit] 2014-11-22 09:29

源氏蛍さま

そうですね。
嫌な事には目を背け、先送りにする傾向が有ります。
出来れば避けて通りたいが、そうは行かないです。
何とか成るでしょう・・・・・。
このブログが「アリ様」の「エンディングノート」かも・・・。

名前: 有ストテレス [Edit] 2014-11-22 17:37

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)