「はんなり」と

「晴耕雨読・晴振雨眠」 「寿迎夢・寿迎夢」の合併版です。(リンク参照)

Entries

西向く侍

20140113_072139.jpg


明日からは11月 日本では、旧暦11月を霜月(しもつき)と呼び、
現在では新暦11月の別名としても用いる。

おそらく普通の人なら、小学生ぐらいにこの単語を知り、
今でも時折思い出して参考としていることと思う。

「あー、月に31日ない月ことね」
こういう反応なら、85点以上を差し上げよう。

「西向く侍」には本来の意味(意図)があるためで、そこまで
知っていると100点だ。(と思っている)

まあ、全然知らない人向けに、ちょっと解説しておくと、
1年(12ヶ月)のうち、1月あたりの日数が31日未満の月を
語呂で憶えておこうというものだ。
「西向く侍=二四六九士=2・4・6・9・11月」

なお、11月を士(侍)としてアテている・・・・。
漢数字で十一を重ねれば、武士の「士」になるわけだ。

さて、このワードが何のワードと引っかけるようになったのか?
ということに疑問を持った人って少ないと思う。

そこでノーガキというか簡単な解説をしようと思った次第。
記憶を思い返しながらね。

この語句の正式名称・・・となるであろうワードは「西向く侍、小の月」だ。
なんだこりゃ?って話になるが

頭を12時方向に向けた場合、3時の方向へカラダを横にして
(半身で)武士は就寝していた。
これは刀を枕元に置き、不意の襲撃を受けたとしても、利き腕で
ある右腕がフリーになっているため、瞬時に手が届くように。

これは、12時方向を北と読み替えれば、3時方向が東となるわけで、
自動的に心臓が下に向いた半身のスタイルになり、
万が一、不意打ちで浅く胸を傷つけられても右胸なら致命傷に
なる危険度が少なくなる・・・ということになる。

つまり、武士とは、寝るときであってもそのように備えておくことが
最低の心得なのだ。

左利きは、ちょっと損?だし、そうやって構えておかない武士は、
ツキにも見放されますよと。

「西向く侍、小の月」とは即ち「西を向いて寝る武士は、小さい
出来事であってもツキに見放されるかも」ということに繋がって、
月とツキを今の暦と引っかけてあると読んだ。



関連記事
スポンサーサイト

Comment

 

「西向く、小の月」
ニシムクサムライ・漢字で初めて知りました
ショーノツキ・初対面です

昨日まで頭を東にして寝ていました
今日から西向きにして寝るか? さてさて

ブログで益々賢くなった うれしい

コメント番外
きのう位から投稿確認画面でミスになる
送信がうまくできません
今日もミスになり2度目のコメント
操作がヘタなんでしょうか?
上手く送信できますように・・・
  • posted by 源氏蛍 
  • URL 
  • 2014.10/31 10:04分 
  • [Edit]

源氏蛍 

コメントの送信エラー?
投稿確認画面なら認証用キーワードの数字が間違っていませんか?
見難い場合別のパスワードを要求して見やすくして入力してみては如何でしょう。
  • posted by 「アリ様」 
  • URL 
  • 2014.11/01 04:51分 
  • [Edit]

源氏蛍さま 

コメントの確認の設定を無くして見ました。
これで試してみてください。
  • posted by 「アリ様」 
  • URL 
  • 2014.11/01 04:58分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー