saiun


先日、近江路を走っている時珍しい「彩雲」を見た。
彩雲は、太陽の近くを通りかかった雲が、緑や赤に彩られる現象である。

瑞雲(ずいうん)、慶雲(けいうん)、景雲(けいうん)、紫雲(しうん)などともいう。
これはキット何か良い事の予兆かも・・・。

足が震えました。
デッカイ商談が纏まるか、婆から告白されるか何れかでしょう。

70年近く生きてきたが、初めて見たので吉兆の前触れと信じて生きます。
残念ながら何の予兆もありません。



「昔から瑞相と一つであるとされ、これが現れることは吉兆とされるが、実際はありふれた気象現象である。この現象は、日光が雲に含まれる水滴で回折し、その度合いが光の波長によって違うために生ずるもので、大気光象の1つである。巻積雲や高積雲、風で千切られた積雲などに見えることが多い。

日の高い季節の昼間に太陽の下方に現れるやや上に反った水平な虹色の弧が彩雲として参照されることも多いが、これは「環水平アーク」と呼ばれる現象で、雲の中の氷晶により見られるものである。

尚、彩雲は環水平アークと共に、いわゆる“地震雲”として例に挙げられることもあるが、地震の発生メカニズムと関連があるとの明確な科学的根拠はない。


関連記事
スポンサーサイト

独り言

国民の支持がない日韓友好なんぞ、意味がない。

comment iconコメント ( 2 )

近江路で見た「彩雲」よく見られたのですね
熟年高齢者も初めて見ました
アリさまは雲博士ですな 
日頃から勉強されてるんですね ご立派!!

デッカイ商談が纏まる前兆です アッパレ!!

車の運転には集中してくださいよ

名前: 源氏蛍 [Edit] 2014-08-23 09:56

源氏蛍さま

長く生きておられる?源氏蛍様でも初めてですか?

ズット待っていますが、未だ朗報が届きません。

名前: 有ストテレス [Edit] 2014-08-23 12:21

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)