20161029_153625_1.jpg







スーパーのレジや病院の受付、ハタマタ、人気のラーメン店など、
さまざまな場所で” 待つ ”ことを強いられるもの。

長い人生の中から見れば、ほんのちょっとの時間といえども、
待つことは結構イヤなものである。

待たせる側も、客商売であって、待合室にテレビをおいたり、
雑誌や本を常備していたりしているモノダ。

だが、場所によっては、そうした配慮が難しいケースもある。
そこで、他の方法でイライラを鎮める何か効果的な方法はないだろうか。?

それには、比較的簡単で、コストもそれほどかからない方法があるという。?
それは、『 鏡を設置する 』という方法のようだ。

鏡を設置しておけば、お客はそれほどイライラすることはないという。

デパートのエレベーターの外や中には鏡が使われているコトが多い様だが、
これは正に、お客が待ち時間でイライラしないようにとの目的とされている。

自分の姿が人の目にどう映っているかが気になる心理を『 公的自己意識 』と
いうソウダが、ヤハリ、気になるモノダ。

だが、我々は鏡を見ると、ツイ髪型や服装の乱れをチェックしたり、
女性なら化粧の具合を確かめたりしてしまうモノ。

その結果、鏡が有るダケで、それほど退屈することなく、待ち時間を過ごしてしまう様だ。








関連記事
スポンサーサイト

ベストスコア

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)