819.jpg








ズボンのファスナーに『 男性自身 』を挟まれなど、その経験がなく(?)とも、
男性にとっては考えると恐ろしいコトダが、、、、。

このファスナーに挟まれて病院に運ばれる・・・のはウソのような話だが、、、
実際、こんな経験をした男性はカナリいるラシイ。

2013年3月に発売された、イギリスのある医学雑誌の記事によると、、、

2002~2010年の9年間に、ズボンのファスナーで男性自身にけがを負って、
金救命室に運ばれた男性は、推定1万7616人いるという。

イギリス限定での話だが、1年間で約2000人、1日当たり約5人という驚くべき数字。
同誌はまた、男子自身のケガのうち、実に5分の1がファスナーによるものとしている。

さて、こんなに多くの人がケガをするというコトは、、、、
モシカシタラ、、、、イギリス人は、ズボンの下には、下着を着けていないで、、、、

カッターシャツがタイヘン長いのは、下着を着けないため(?)というカラ・・・
ズボンの中に直接・・・男性自身、、、だから、ファスナーによって、事故を起こす、というコト?








関連記事
スポンサーサイト

節酒

認知症

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)