「はんなり」と

「晴耕雨読・晴振雨眠」 「寿迎夢・寿迎夢」の合併版です。(リンク参照)

Entries

アジサイ

CIMG6827.jpg

CIMG6826.jpg





「日本のアジサイの名所」と聞いて、「お寺」を連想する人は多いのではないでしょうか。
それではなぜ、日本のアジサイの名所にはお寺が多いのでしょうか。

実はアジサイの季節である6月は気温の変化が激しく、昔はこの季節に
流行病で亡くなる人がたくさんいました。

そのため、アジサイは死者に手向ける花と考えられていたのです。
このことから、かつて流行病が起こった地域では、お寺にたくさんのアジサイを
植えるようになったとのこと…。

アジサイの名所にお寺が多いのには、こういった理由があったんですね。







関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー