CIMG8382.jpg

CIMG8384.jpg




日本では、旧暦6月を水無月(みなづき)と呼び、
現在では新暦6月の別名としても用います。

水無月の由来には諸説あります。

1.文字通り、旧暦6月というと梅雨が明けて水が涸れて
なくなる月であるから水無月というと解釈されることが多い

2.逆に田植が終わって田んぼに水を張る必要のある月
「水張月(みづはりづき)」「水月(みなづき)」であるとする説も有力

3.他に、田植という大仕事を仕終えた月「皆仕尽(みなしつき)」であるとする説

現在のように(梅雨時の)新暦6月の別名として用いられるようになってからは、
「梅雨で天の水がなくなる月」「田植で水が必要になる月」といった解釈も
行われるようになりました。

でもこれは後出しジャンケンならぬ後出しコジツケですね。




関連記事
スポンサーサイト

4594 (株)グリーンペプタイド

京都府立植物園へ。

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)