CIMG8393.jpg

CIMG8415.jpg

CIMG8387.jpg

CIMG8389.jpg

CIMG8390.jpg







日本の国花って?
皆さんは「国の花」と言われて何を想像するでしょうか?

「国花」を 広辞苑でひくと、『その国民に最も愛好され、その国の象徴とされる花』
「国家を象徴する」と「国民に愛好される」、

この2つが重要なポイントのようです。
■桜と菊、日本の国花はどっち?

パスポートの紋章や皇室の象徴が「菊」なので、国家を象徴するという意味では
「菊」の印象が強い方も多いかもしれません。

一方で、国民が最も愛するという意味では「桜」の方が勝るのではないでしょうか。
「桜ソング」は世の中に溢れていますが、「菊ソング」は、あまり聞いたことがない。

また、桜の開花は毎年ニュースで予想されますが、菊の開花時期を把握している
方はそう多くはないでしょう。

気になるまさかの答えは、どちらの花も「国花」なのです! 
じつは日本において、公式に定められた国花はありません。

国花について広辞苑では『桜または菊』、明鏡国語辞典では
『サクラ・キク』と記載されている。






関連記事
スポンサーサイト

春ですね

賞金1万円 チャリーン !

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)