CIMG9604.jpg

CIMG9605.jpg







give 与える take 受け取る
相手に利益を与え、自分も相手から利益を得ること。

お互いに利益がある、お互い様ってことですね。
何となく機械的なイメージがしますが、それは、「give」を口実にした 「take」が横行?

ギブアンドテイクは本来ギブが先。
つまり、まず相手に与え、つくすことが先のはずです。

自分が得したいから何かを与えるという魂胆では、 ギブアンドテイクではなく
「テイクアンドギブ」になります。

自分の得が先か?相手につくすのが先か?
結果は同じであっても、考え方には雲泥の差があります。

最近の社会が味気ないと感じるのは、 テイクアンドギブが蔓延しているからかも。
まず世のため人のため、それが当たり前になれば、 世の中はずっと和やかになる。

日本には昔から、先に満足を与える商売の伝統がありました。

富山の置き薬売りが良い例ですね。
お代を受け取らず薬を置いていくことで、 お客の厚い信用を得て来ました。

「お代は見てのお帰りよ」という見せ物の呼び込みも、まずお客様の満足が先。
商品を先渡しして掛帳に記載した商いもしかり。

このように日本にはずっと昔から、洗練された
ギブアンドテイクの伝統があったのです。

最近はグリコが置き菓子をしてますが、日本の素晴らしい文化ですね。
昔は砂糖や、醤油が切れたら隣に借りに行きましたね。

残念ながら 今はコンビ二とか24時間の店があるので 、そんな煩わしいことをしません。
面倒な人間関係を好まない世の中なのですね。

何か 少し悲しいですが、世の常ですね。
日々の生活の中に ギブアンドテイクがあればいいのですが・・・・。




関連記事
スポンサーサイト

賞金1万円 チャリーン !

60歳過ぎたら「終活準備」

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)