hannoki


サラリーマンだと決まった収入しかないから、お金持ちに
なれるわけがないと思いがち。

それはちょっと待った!逆説的に言えば、一定収入が
あるからこそ、お金を貯められるというわけだ。

お金をためる大原則は「収入以上に使わない」こと。

サラリーマンは収入が安定しているし、大きな病気にでも
ならない限り意図せざる出費はそれほどない。

つまり「入」と「出」がきちんと読めるのだ。
だからやり方さえ間違わなければ、サラリーマンの方がずっと
計画的に資産形成ができる。

にもかかわらず、多くのサラリーマンはなかなか資産形成が
できないのが実情だ。

それはなぜか?将来を見据えた資産づくりのためには若い時から
計画的に貯蓄をすべきだが、どうしても目先の買い物や
食事、旅行といった楽しみにお金を使ってしまうからだ。

ではどうすればよいか。
一つは給与天引きを活用して一定額を強制的に積み立て、
残ったお金で生活できるようにする。

その二は、会社の制度(財形貯蓄や社内預金、団体保険、
確定拠出年金など)を最大限利用する。

こうして目先の甘い誘惑に負けないようにすれば、
お金持ちになれるチャンスは大いにあるということだ。

以上は「アリ様」の後悔とアドバイスです。

関連記事
スポンサーサイト

役者ぢゃノー

台風一過?

comment iconコメント ( 2 )

なるほど!! よくわかりました!!
今の日本国と同じですかね 笑ってください
わかっちゃいないんです 
どうなるんでしょうか 次世代に背負わすんですね

半世紀前に知っておけばよかったのです 残念です

貯えもなし公的年金で質素に暮らしています

あっしは認知症予備軍のひとりです
名前と所番地を書いたものを持ち歩くようにしています

これでいいのだ ハイ



名前: 源氏蛍 [Edit] 2014-07-12 09:49

Re: タイトルなし

昔「名もなく貧しく美しく」と言う映画が有ったと言う。
多くは望まないが、貧しくとも気持ちだけは豊かに生きたいです。
60才過ぎたら皆認知症予備軍で、会話は「あれ・それ・これ」で
通用します。

名前: 有ストテレス [Edit] 2014-07-12 10:10

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)