20170106_152955.jpg

20170109_114307.jpg







2017年、新年早々モーニングショーで、大方のがんbaikin_genki.pngばい菌を
根治できるかもしれない光免疫療法のすばらしい情報が放送されました。

米国立衛生研究所(NIH)の主任研究員である日本人・小林久隆(55)氏を
中心とする研究グループが近赤外線を使った画期的ながん治療法である
光免疫療法(近赤外線免疫療法)を2011年に開発しました。

それから5年後の2016年4月に、アメリカ食品医薬品 局(FDA)から認可され、
臨床試験(治験)が開始されました。

治験の第1相で安全が確認され、いよいよ第2相に進み、光免疫療法の
効果を確認する段階ですが今のところ思った通りの効果がでているそうです。

2~3年後にはアメリカで少なくとも薬として認可されたい とのことなので、
日本で認可されるにはさらにその2年後ぐらいになるでしょう。

光免疫療法が日本で実施できるのは早くて5年後になります。
が、それほど遠い未来ではありません。

今、がんを持っている人も、なんとか5年がんばれば、がん
を根治できるかもしれないのです。








関連記事
スポンサーサイト

松下幸之助 

ピースサインは危険!!

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)