20161107_162452.jpg

20161107_162506.jpg








地上を走る電車の場合、非常口は車両の側面に設けられている。
非常口と表示された扉があるので、多くの人が見慣れている。

その幅は40センチ、縦が120センチ以上で大人が、かがめば通り抜けられる大きさ。
また その付近に段差や突起物がないこと、

非常時には手動で動かせ、自重で閉まらないこと、
扉が開くと自動的に点灯する灯火を設けることといった決まりがある。 

一方、地下鉄には、地上用電車と同じところにには非常口がない。
地下鉄の非常口は、先頭車両の前面に設けることになっていて、そこにドアがあるのだ。

というのも、地下鉄のトンネルは、一般鉄道のトンネルに比べて幅が狭いため、
車両側面に非常口を設けると、かえって車外へ降りにくいからである。

そこで、前面に設けられた非常口から、はしごを使って車外に出、線路上を歩いて避難する。
一般鉄道の車両でも地下鉄と相互乗り入れ車両は、先頭の前面にも非常口が設けられている。


話のタネ全書より






関連記事
スポンサーサイト

人生って

高齢者こそクルマが必要

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)