20161113_075520.jpg

20161113_075648.jpg





電通の「鬼十則」は4代目社長の吉田秀雄氏が昭和26年に作ったものだそうです。

以前勤めていた会社で、このコピーを机に貼っていた人がいました。

書いてあることはどれも正しいと思います。

ただ、これを盾にとって、社員に長時間労働を強いることは間違いですね。



鬼十則

1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。







関連記事
スポンサーサイト

車寄せ

未知の世界へ

comment iconコメント ( 2 )

不思議

いつも思うのですが、一流の企業とか優秀な人間が、不正を働いたり人の尊厳を無視したりするのはどうしてなんでしょう?結果が上手く行くわけないと凡人でも分かるのにと思います。

名前: asagao007 [Edit] 2016-11-27 05:22

凡人で良かった

金銭・女性・出世・プライド等の欲望が理性を上回るのです。
優秀な人間には、色んな誘惑が有るのでしょう。
どんな優秀な人間でも欲望に誘われると、ついその気になる物です。
一旦その気になると、周囲を見渡したり、如何いう事が起こるかの判断より、上手く行くとしか考えません。
一種の熱病に犯されてしまうのです。

名前: 有ストテレス [Edit] 2016-11-27 05:45

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)