766.jpg









日米2+2がマスコミの煽りの結果・・・


北朝鮮のミサイルが不安だ恐怖だという一文があちこちで
目立った様なので、この記事をUPします

先日までマスコミで北朝鮮のミサイルが不安だ、恐怖だとあれほど騒いで煽っていたのに・・・
日米2+2が終わった途端にピタリと消えたね

その日米2+2も殆ど報道されてない。
日本の外務大臣と国防大臣の2名が雁首揃えてアメリカに駆け付けて
新規に地対空ミサイルを購入した。 費用はざっと1兆円

これを正当化させるために日本のマスコミは不安と恐怖を煽りに煽っていた。
その証拠に新規ミサイル購入の調印のあとピタリと煽りニュースが消えた。

今となっては、どこ吹く風だ。
日本の政治とマスコミはこんなモノだ。







スポンサーサイト

259.jpg







食生活もちゃんとしてなくても運動をするから骨が丈夫と

言うのも!

やはり毎日の食生活が基本でしょうね。

それに食生活がいい加減で運動ではただ痩せる一方だわ、

それこそ貧血起こしそう~!

健康じゃないわ!

骨密度問題ない訳ないでしょうに!






20161018_135830.jpg






日野原さんの生き方、死に方を通して、沢山、考えさせられた。
認知症の高齢者を目の前にして、どのように死んでいこうかと、考えた事があります。

いつかは、私も死を迎えますが、その死は誰にも分かりません。
しかし、日野原さんが、人の為に時間を使う事なんだと言う言葉に、、
それこそが一番、生かされている意味をそこに見出す事が出来ます。

一人になった時、自分の為に生きるのではなく、人様の為に生きるとき、
孤独ではないと日野原さんの言葉に納得。

昔の人は、いいことを言っています。
働くとは、傍を楽にする事だと~。

仕事は、人の為に生きるとき、私の生命は輝きを放って最後まで生命を
生き切れるのだと、行く先を、日野原さんが、身をもって示してくれた。

健康で長生きをしたいなのなら、人様の為に働く事なんだと、、、。
彼は、健康で生きようと考えたのも、人の為に生きないといけないからこそです。

自分ではなく、常に人の為に、、そのために自分の健康にも気を付けていたのには、
本当に頭が下がります。

私の時間を自分の為に使うのを誰かの為に割いていこうと、、心にしっかりと
これからの生き方に生かしていきたい。

自分の生命を全うするためにも、、、






CIMG6981.jpg






故人の霊前や仏壇、墓前などに線香を捧げますが、もともとはどのような意味があるのでしょう。
焼香は仏教儀礼につきもので、釈尊在世当時から行なわれていました。


日本には、推古天皇(628年没)の御世に淡路島に香木が漂着したと『日本書紀』に記されています。
唐の鑑真和尚(753年来朝)が仏典とともに、香木を携えてきたというのが香流行のはしりといわれています。
香は特に夏など部屋の臭気を消すために用いましたが、神仏の食料ともいわれ、高価なために珍重されました。
その食料に関する記述は、西暦5世紀頃に書かれたという古代インドの仏教教典『倶舎論』の中にある。
なかでも興味深いのは次のようなくだりである。
「死後の人間が食べるのは〃匂い〃だけであり、生前、善行を積み重ねた死者は良い香りを食べ、悪業の限りを尽した死者は悪臭しか食べられない……」


これから推定すると、線香は、本来、死者への〃供物〃という意味があったものと考えられる。
良い香りのする線香をたいて、どうぞお召し上がりください、と捧げるわけだ。

同時に、善行を積み重ねた死者でなければ良い香りを食べられないわけだから、
故人の霊前などに捧げる際には、あの世で良いポジションにつけますように、
という遺族の願いがこめられていたのだろう。

その他、線香から立ち昇る煙に乗って天(つまり霊界)へ死者が往くものと考えられていたという説もある。
また、悪霊が好むのは悪臭、なかでも死臭を最も好むところから、線香をたくことによって
悪霊を遠ざける意味も当然あるだろう。






続きを読む

CIMG8534.jpg






鍋に半分程度水を入れてIHヒーター中火で沸かす
沸騰したら豆を入れる15分間茹でる

10分程度過ぎたら試食して確認する
適宜に撹拌する

アドバイス通り全て順調に経過
後は網で豆をすくって冷ますだけ・・

高校野球を眺めながら
暇つぶし・・昼寝






mizuhoGC 17







海外メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」の最終日。

2位タイから出た松山英樹は5バーディ・6ボギーの“72”でラウンド。

トータル5アンダーとスコアを落とし、同組のジャスティン・トーマス(米国)が
トータル8アンダーでホールアウトしたため、メジャー優勝はならなかった。

全米プロ選手権最終日、5位タイでホールアウトし、悔し涙を私は、見ました。

石川君が、水星の如く現れて来た頃より、へぇ~若いのに凄いなぁ~と感心。
時々松山君の名前を聞いた辺りから、、。

今回、最終ラウンドを見て、まぁ~素晴らしいと感激して、観ていた。
いつのまに松山君が、トップに躍り出ていたのだろうと思うほど、
彼のゴルフにかける情熱をヒシヒシと感じた。

今まで見てきたゴルフ選手の中で、若いのにその内に秘めたるものが、
私にも伝わってきました。

石川君と同じ年であり、切磋琢磨して、ゴルフファンを魅了させるのであろうなぁ~と思いました。
ゴルフは、紳士のスポーツだが、メンタル面でも体力的にも、人間的な魅力を
持ち合わせないと上には上がれないだろうと、思ってしまいます。

男泣きで悔し涙を見せた松山君の姿に、、若い純粋さゆえの美しい涙に、彼の人間性を
見た思いがします。

これをバネにして彼の活躍を期待しています。
久しぶりにいい場面を観ました。

テレビに出てくる芸能人の下品な顔ぶれに観るのも、鬱陶しい。
下世話な世界などに興味なし。

若い人の涙は、純粋で本当に美しい!!








CIMG8443.jpg










このところあまり調子が良くない
忙しいのと暑さで練習する気にならないのが原因だと考えていたが、
今日、久しぶりに練習ラウンドをした。

スタート2ホールはOB無しでダボダボスタート、
スイング中にチェック箇所が多すぎるのが原因のようだ、

解り切ってきるのに出来なくなるのがゴルフ、
不調の時は無意識に出来ていたのが出来なくなっている事が多い、

それを直すには自分でチェック箇所を決めて、順番にチェックしていくしかない、
他人の意見は聞くな、余計に悪くなることが多いのです。

3ホール目、回転軸の中心を意識して回転でスイング、
するとやっと真っ直ぐに飛ぶようになった、トップやダフリも出なくなり、
残り7ホールはできました、それでも40だけどね。

その日の調子によって注意すべきところが変わるのがゴルフかもしれません。
ドンピシャ当たれば良いスコアが出るし、外れると修正に何ホールも
使わないといけなくなるし、ゴルフは難しいから面白いのかもね。








20151017_160104.jpg







毎日の生活の中で、相手に対して不愉快な感情を持ったり
不快なことをされたりすることがあります。

そのようなことがないよう、日ごろ自分の言動をコントロールすることが
社会生活を潤滑に営むコツですが、これが中々出来ないですよね。

自分の言動で相手が不快に思うようなことがないよう注意を払いますが、
相手の受け取り方や感情など無関係といわんばかりの傍若無人が
いるのも現実です。

せめて、自分だけでもそうならないように戒める
『人の振り見て我が振り直せ』です。








CIMG7108.jpg
CIMG7110.jpg





最近、自分が良く解からない。

何の為に生きているのか?

これから先の予定が何もない。

同世代は、どうなんだろう。

何時までこんな生活を続けるのだろう。

危ない、危ない、もう少し目的を持って生きなくては。






CIMG7057.jpg
CIMG7106.jpg
CIMG7090.jpg





転載


カジノを含む統合型リゾート(IR)に関する政府の有識者会議が、運営のルールについて大枠をまとめた。この提言は秋の臨時国会に政府が提出する実施法案の土台となるが、事業破綻のときの処理方法や規制の具体像など、不透明な点も多い。

 提言によれば、自治体とIR全体の運営企業が組んで国に認定を受ける。IRにはカジノに加え国際会議場、ホテル、文化施設、観光案内所の設置を義務づけた。カジノを目玉に外国人を呼び込み、その収益を他の施設の運営に生かす。さらに日本の各地方にも足を延ばしてもらう構想だ。

 しかし海外の例と違い、日本のカジノは日本人客が8割を占めるという民間の試算もある。運営会社には海外で実績を持つ外国企業が有力視される。外国人客からの収益を日本の観光産業の振興につなげられるか、疑問は残る。

 経営面では認可前に事業計画を審査し、開業後も不振なら改善を指導するという。しかし見込み通りに進みにくいのがエンターテインメント事業の特徴だ。経営不振に陥った場合、どんな条件で運営企業の撤退を認めるか。ある程度のルールを定めておくべきだ。

 懸念される依存症への対策として有識者会議は、日本人客にはマイナンバーカードで本人確認して入場料を課し、入場回数も制限するといった案を示している。

 だが入場料の額や入場可能な回数などについて具体的な想定は示されておらず、こうした規制にどの程度の効果があるのか現段階では見通せない。

 暴力団などを排除するため、事業者や従業員について「廉潔性」を厳しく調査するという。しかしそうした目的で民間人のプライバシーに関わる事柄を幅広く調べる制度や経験は日本にはない。

 今回の報告書で、経営や治安などで国民が抱く不安や懸念が払拭されたとは思えない。実施法案をつくる過程では、運営方法を具体的に示し、ていねいに説明していく努力が欠かせない。