20140923_090021.jpg

9月も今日で終わります。
夏は終わり名実ともに本格的な秋にシーズンイン

しかし、今年の夏は異常気象ばかりが記憶に残った夏でした。
季節は変わっても、自然の異常気象はマダマダ続くかも?

昔には12月に台風の直撃を受けたことが有った。
暖かくて紅葉の見ごろが12月にズレた年も有った。

各地の惨状を見ていると穏やかな秋を願わずにいられない。
今の内に願っておきましょう。

何せ、来月は神無月です。
神様は、出雲出張です。

出雲の出雲大社に全国の神様が集まって一年の事を
話し合うため、出雲以外には神様が居なくなる月です。

来月は長月ともいう。
新暦の十月上旬から十一月の上旬にあたり、夜がだんだん長くなる
「夜長月」の略で、日の暮れが早く、日の出は遅くなる。

季節の移り変わりは早いものです。
それだけ「アリ様」も毎日老いていると思うと侘しい。

今日が一番若いのです。

スポンサーサイト

20140923_085902.jpg

以前にスーパーでフランクフルト・ソーセージをかったのですが、

今日食べてみようと思ったところ賞味期限 9月5日となっています。

冷蔵食品なのでちょっと心配。

買いだめをすると、あっと言う間に賞味期限切れになってしまうよね。

友達は「臭いと味を確認して、だいたい食べる」と言うてました。

腐った肉とも知らずにマクドを食べていたので、「まっ!いいか?」

「死ぬことは無いヤロ」と温めて食べました。

明日、下痢やお腹が痛くならないことを祈ります。

賞味期限はこれを過ぎれば味の保証はしかねるという意味であって

食べると危険という意味ではありません。

賞味期限切れていても日本の原料や商品なら大丈夫です。

期限内であっても怖いのは中国産や韓国産です。

賞味期限の近い物を安売りしており、好んで買う時もある。

treehouse5


仕事もイマイチで銭にもならない。
カルチャースクールにでも出かけようかと思い電話してみた。

講座は「花暦 小さな旅」という季節の花を訪ねの散策である。
月に一度 現地集合・現地解散で午後から4時間のコースである。

問題は参加者の人数と男女の構成比なのだが、やはりというか、
女性の講師に参加者全員女性だという。

選り取り見取りの贅沢三昧出来るしヒョッとしたらと不埒な妄想も・・・。
両手に花で、男冥利に尽きるかも・・・・・両手以上か?

昔、山歩きのサークルをお試し参加したら、総勢15名中男性は1名か
2名しかいなかった。

高齢の男性なのだから、何も問題はないのだけれど、一番苦手なのが
おやつタイムの時。

女性陣はそれぞれに買い込んだおやつを配って歩くのだが、男の
「アリ様」は貰うだけで、何となく居座り辛くなる。

そんなこともあり、これから参加申し込みをどうするか思案中である。
シャイな「アリ様」は、矢張り否定的かな・・・・。



kinmokusei


いわゆる小保方問題だが、メディアの伝えることが事実なら、剽窃は
どう見てもその通りだと思うし、いろいろな点であまりにも、という感じ。

しかし、私は直感で文を書くのは本当は好きではないが、すごく
簡単にコピペがばれるような行動はかえって不自然に感じる。

研究ノートは稚拙だと評されているし。
それにしても理研は、小保方氏がそのような「すぐ嘘がバレるような人物」
だとしたら、なぜユニットリーダーになどさせたのか?

そもそも共同研究のリーダーたるものは、部門責任者といえども
それなりの人を選ぶのが当たり前のはずだ。

少なくとも私の領域ではそうである。
もし背後にいる人たちの方が小保方氏よりもはるかに優れていたとしたら、
これは何らかの演出のような気がしてならない。

ところが後ろの方の人たちは事実上『無罪』と理研は言う。
解せないというよりも、なんかすごく不思議だし不自然だ。

こういう風に、「当事者はすぐ確定された」「コピペは確実だ」と
当たり前のようになる時、なぜか私は不穏な空気を感じる。

マスコミが、「〇〇はだめなのは当たり前だ」という論調を出す時、
これまでの事例から、科学問題に限らず、何らかの企てが考えられる
ことが多いからである。

どうも「アリ様」は疑い深くて、何か、演劇でも観てる感じがします。
そのまま受け取れば確かに「嘘だらけ」って感じなんですが、
それにしては単純すぎるような??

コピペ云々というのは、余程内部事情を知っている人間でないと、
すぐには指摘できないはずだと武田氏は述べておられました。

あまりに指摘が早すぎる。
単なる危惧なら良いのだが。

裏に何かありまっせ。
金か 名誉か 女か・・・・・・・。

理化学研究所→ハーバードへの、研究成果の移転としたら
辻褄が合うのだが・・・・。

何とか解明してもらわないと、喉に骨が刺さったままです。
「アリ様」のバイオベンチャーの投資にも、少なからず影響が・・・。

20140823_170257.jpg


普通は、言えないことを言うのが、おばちゃん。

さらりとなんて、爽やかなニュアンスでなく。

ズケズケと言った感じ。

自然すぎて、悪気さえなし。

ど厚かましいことを、恥ずかしげもなく言うのがオバチャン。

おー怖い。

ちびりそう。(笑) 実際ビビッています。

「アリ様」は、俯いて静かに嵐の通り過ぎるのをジッと

我慢しています。

何時からこんな人種がのさばってるんやー。

「大和撫子」今何処

20140923_083618.jpg


脹脛の浮腫みがひどいので、マッサージに行った。
そこは若い男女数名で営業しているところだった。

カラダをいろいろ撫でまわしてもらって(男!)、
「アリ様」は、おしりの筋肉が硬い、ここを揉み解しましょう、
と言われ揉まれているうちにだんだん痛みが消えていった。

有難いことだ。女性ならモット良かったのに・・・・。

そのうちふと、20代ぐらいの女性マッサージ師の脚の
部分より少し上のところが見えた。

彼女は別の患者さんに盛んにからだをリズミカルに
動かしながらマッサージしている。

患者は男!だった。
ある種の、口に出しては言いにくい、ある種の強い感情に襲われた。

せめてマッサージでも・・・「アリ様」も心身ともに癒されたい!!!


20140113_072139.jpg


久しぶりに録画してあったナツメロ番組を再生視聴した。

たくさんの演歌歌手がヒット曲を歌うのだが、中にはもう声量が
なくなり、絞り出すような歌声が響く。

もう現役を離れて余生を過ごしてくださいと云いたい様な
歌手の人達。

本当に痛々しい姿を全国放送の画面に曝している。
人は皆老いたり、病気で声を失うこともある。

あの透き通るように美声の島倉千代子でも、声を失ってからは、
初期の頃のヒット曲「からたち日記」は、聴けるものではなかった。

なかなか潔く引退というのは難しいようで、あの大ヒット曲
「岸壁の母」の双葉百合子さんの引退宣言くらいしか記憶にない。

過去の歌声を求めるのは酷だと分かっているが、ファンは
あの歌声に魅了されたものだと思う。

世の中の演歌ファンは老いても本人であれば、そんなことは
どうでもいいのであろうか。


mizu


最近 中韓のヘイト日記が少なくなったようだが、「アリ様」は
嫌中・嫌韓の気持ちは強い。

特に 日々の食材は産地表示を確認して、中国産・韓国産は
絶対買わないようにしている。

気をつけなくてはならないのが、冷凍食品や惣菜の安価な物は、
素材は中国産だと考えて買わないようにしている。

もうひとつのこだわり。
朝日新聞系列は新聞・テレビ・雑誌は視聴しないようにしている。

昔から 全般に偏向傾向があり、記者の捏造などの不祥事が
一番多いように感じている。

何が真実かは歴史が証明するのでと思います。
今は盲信しないで、自ら感じることを大切にすればと思います。

いろんな見方、考え方があっていいと思います。
誰にも強制するものではないと考えています。

20140921_170631.jpg

20140921_165322.jpg

今週の休日も「探検デート」を楽しみました。
子供の頃にタイムスリップした様なホッコリの時間を過ごしました。

ロケーションは完全に「アリ様」のご幼少の時代に嵌りこんでいました。
何となくズット昔に別れた父母の顔を思い出しました。

こんな「 素 」の自分に戻れるのは久しぶりです。
赤や青のネオンも良いが、其れがあるからこそ、その様なのものも好い。

美味しゅう御座いました。
帰り際に頂いたリンゴ味のホオヅキ。

古希の前に初体験でした。
久しぶりに心躍りのする時空間でした。

2枚目の写真はチョットイタズラさせて頂きました。
ゴルフ焼けの左手でスンマセン !

「探検デート」は、マダマダ続きます。
Ohhhhhhhhhhh !      セラヴィ ! !

毎週のゴルフ場への途中でした。
ホームページは、「ギャラリーカフェ道の途中」です。




関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 園部駅吉富駅





20140914_175049.jpg

秋の味覚 といえば、何が筆頭にくるのだろうか?

子供の頃の田舎では、何といっても味覚の王様は「マツタケ」では
なかったかと思う。

部落の皆が鵜の目、鷹の目で他人よりも早く見つけようと大人も
子供もその瞬間を狙って山に分け入ったものだった。

「マツタケ」は赤松の菌糸が育つ南面の斜面という特異な場所が
知られていた。

大抵 同じ場所で見つかるので、そのタイミングに遭遇した時に
自然の恩恵に浴することができた。

都会では中国産の「マツタケ」が店頭を飾るが、やはり国内の
「マツタケ」の産地で有名な丹波の「マツタケ」を食べたいと思う。

先日、ファミレスの松茸御膳で初物の松茸を食べた。
料理の値段からすると丹波松茸ではないワナ。中国か朝鮮ダナ

香りと歯触りは松茸であったが、「アリ様」には味は解らない。
松茸ってどんな味だったか記憶が無い。

酢橘醤油・天つゆ・すき焼き・土瓶蒸しの汁・炊き込みご飯の味・下味の
味しか知らない。

本当の松茸の味って知ってますか?

去年回らない寿司屋に行った時、松茸を注文したら、焼き松茸を
半身に咲いてシャリの上にドカッと横たわっていた。

我が家の一員を見る様で、何も言わずソッと口にしたのを思い出した。