20140927_140616.jpg







安倍首相は25日夜、首相官邸で記者会見し、28日召集の臨時国会の
冒頭に衆院を解散する意向を表明した。

衆院選は、10月10日公示・22日投開票の日程で行われる。

安倍首相は記者会見で、予定される衆院解散について、「国難突破解散」と命名した。
また、衆院選での勝敗ラインについて、「与党で過半数」と述べた。

{森友・加計学園問題} 突破解散 の方が解かり易いと思うが・・・・。?






スポンサーサイト

CIMG7276.jpg
CIMG7275.jpg








スマホに迷惑メールが、ジャンジャン入ってくる。
着信音が、鳴りっぱなしなので周りの人が、不思議そう。

一番多い日で72件受信
メルアド変更の通知をしたり、サイトに登録したメルアド変更が
億劫で、伸ばに伸ばしてきたが、遂に堪忍袋が・・・・。

変更した途端、ピタッと受信が無くなって、拍子抜け。
それでも、お知らせ・ニュース等は結構入ってくる。

別に自分から飛び込んだ訳ではないが、知らぬ間に情報社会の
真ん中にいたのだと痛感。







CIMG7360.jpg
CIMG7331.jpg








軍事評論家の言うことが様々で、北のアホ首領がどう出ようとしてるのか、
さっぱりわかりませんね。

ただ自分が殺されたくないだけなのか、自暴自棄になっているのか…
それともほんとに話し合いの場にアメリカや日本を引き出したいだけなのか…

おそらく後何年かして、良い意味でも悪い意味でも終結してからでないと
わからないですよね。

昔アメリカも日本を追い詰めれば、譲歩すると思ったのに真珠湾攻撃なんて、
奇策に出たから北のバカさ加減と昔の日本のバカさ加減が似てたら怖いですよね…

北に陰で技術供与や支援をしている国に何か思惑があるのでしょう。
それさえなかったらこんな事にはならなかったと思うのです。






CIMG9131.jpg
CIMG9159.jpg








ただ眠たくて、眠たくて。
昼食後に家にいると眠くなってくる。

私は逃げているのかな?
現実から。現実逃避?

ただ日々が過ぎていけばいい。
秋に枯葉が舞っても、

木々の葉が黄色、赤、鮮やかに紅葉しても、
木枯らしが吹く頃になっても、

「アリさま」の心はいつも寒く不安。
あの頃に帰りたい。

と、こんな事を書くこともありますが、大丈夫!
「アリさま」は強いから。

明日になったら「昨日はなんだったの?」ってなるかも。








CIMG8988.jpg
CIMG8986.jpg







衆議院解散があるらしい。
投開票は10月22日か29日のようです。

大義としては北朝鮮問題があり、米国の武力攻撃が開始されると
選挙どころではなくなる、とのことです。

また民進党が分裂をしているこの機会を好機と考えたのか?
はたまた「日本ファースト」が産声をあげる前にとの作戦も。

しかし最も大きいのは再び追及される「森友学園疑惑、加計疑惑」に
あると確信しています。

総理はよほどこの問題には触れてほしくないようです。

総理大臣の専権事項を駆使してまで探ってほしくない事とは?
さらに10月は加計学園の認可の可否を決する月でもあります。

日程的には上手く組まれたスケジュールのようです。
10月の投票日には是非悔いのない人に投票しましょう。

間違っても「記憶にありません」や忖度に関わった議員は落としましょう。







20170212_152336.jpg







昨日は一日、昼飯も忘れて得意先へ提出の書類造りを遣っていたので流石に疲れた~

お早うございます~

面白いテレビも無かったし8時過ぎには寝たらそのままグッスリ・・・
今朝は3時半起床でした~

天気は「晴れ」気持ちの良い朝です
今日は9時過ぎには得意先へ出向きます。

また、戻されなければ良いが。。。







CIMG8758.jpg
CIMG8807.jpg









新聞より

約束は忘れ薬は忘れない

登れたが降りねばならぬ歩道橋

運動を勧める内科止める外科


…上りは階段、下りはエスカレーターならどうだろう?

歩道橋にそれは無理ですね。

「アリさま」は、今のところ三つの川柳にあてはまらないから、

熟年ではないのかな。






CIMG8772.jpg
CIMG8780.jpg
CIMG8787.jpg
CIMG8775.jpg






今月の休日にドライブを兼ねて茨木の山中にあるレストランへ。
すれ違いも難しい様な道路もあるが、直ぐ近くには新名神が工事中である。

道路から敷地へ入るのに急な下り坂で、最初は前が見えない。
車を降りて驚いたのは建物である。

遊牧民のパオのような形をした茅葺の建物である。
店内に入るには、階段を5段ほど降りる。

テーブル席と座敷や小上がりのような席が7~8席ある。
囲炉裏も2つあり古民家風である。

店内には、仏教詩人の坂村真民の書や本や絵葉書が売られている。
薄暗く神秘的な空間であった。

何度も行きたいとは思わないが、変わった体験をして満足。






CIMG7307.jpg
CIMG7308.jpg








今年もあと4カ月になりましたね。

暑い、暑いと、文句ばっかり言って、涼しいゴルフを願っていたのに、

これからはどんどん寒くなる。

寒さ、特に、懐の冷えが大変なので憂鬱になります。

財布の中は9800円、これで一月、大丈夫かな?

買物はカ-ド払いが殆どで、現金は余り必要無い。

しかし、1ヶ月後には口座請求が・・・・。

矢張り、秋ですね。